私の仕事は、家づくりを考えておられる方やその家族の皆さんの夢・想い・希望を具体的な形にする事です。

私の会社(有)ハウジングワンは小さな会社です。スタッフ1名と現場での作業係と私の3名で仕事をしております。

当然、モデルハウスもありませんし、営業マンもおりません。
ですので、いちどに沢山の仕事はできません。
お客様との打ち合わせなどには、十分に時間をかけていますのでたまに、お客様から遅いとお叱りを受ける事があります。
でも、打ち合わせには十分に時間をかけてきて、結果が満足な家が実現しますので譲れないところがあります。

会社として、足りないところがありますが、皆さんの家づくりの夢・想い・希望をかなえる気持は誰にも負けないです。


私の家づくりの仕事は、20数年になりますが、この仕事の最初のきっかけは私の母親の数年の想いの実現でした。
母親は昔、商家の娘でしたが、色々な事情があり住まいを、人手に渡した過去がありました。
私が物心ついた頃から借家住まいが長く続いていました。本人は、年をとるにつれ自分の家に住むのが段々強くなり毎年、家を建てようと口癖になりました。

その当時は、私は建築設計事務所へ勤めていて、住宅の設計は、経験しておりましたが給料が安くて、とても生活していくのが精いっぱいで、家を建てれる経済状況ではありませんでした。
その当時は、市営住宅に家族3人で住んでいました。

ただ、母親が年をとってくるにつれ、息子としての責任感が段々強くなり家を建てる決断をしました。

狭い土地を、友達から購入していましたが、銀行で家資金の融資相談しましたら、見事に断られました。
当然年収が足りませんでした。
その当時は、働いていれば融資してもらえるものと思っていましたが、甘かったです。
なんとか他の銀行に何度も相談してようやく借りれる事が出来ました。

その当時から家を借りる苦労は身についていて、お客様には決して無理してお金を借りないようにアドバイスしています。
まして、この不景気ですから身の丈にあった家づくりが大切です。

プランを考え、何度も家族会議を開き、積んだり崩したり結構時間をかけて作成しました。
家を建てる苦労・楽しみ・達成感を我が家で体験し、家族が喜んで引っ越し快適な生活を間近で見ていると、家づくりのチームに関われる喜びが忘れられない体験となりました。



その当時に、予算がなかったので、自分で結構工事をしましたね。今でいうセルフビルドです。
大変でしたが出来てからの思い出が結構残りまして良かったですね。
家づくりで、自分たちで出来るところをやりたいと言う方達も多くなってきていて
道具を用意したり、やり方を教えてあげたり積極的に応援しています。

家づくりは、家族の夢・想い・希望を実現します。
予算・和風・洋風・家族感の想いの違い・限られた敷地・土地探し・・・
いろんな限られた条件下でいかに、楽しく・幸せな家づくりを実現する為に私は、一生懸命お手伝いしたいと思っています。

いい家とは、家族の触れ合いがあり、安らぎがあり、家事仕事が気持良く出来、収納もしっかりでき、安心・安全・健康で長持ちする家ですね。

家づくりが進むなかで、意見の違いがあったり、限られた予算のなかでいかに夢をかなえるか、相談したり、口論したり、検討したり、家づくりを始めてお互いの考え方が再確認したり・決断したり、達成感を経験したり楽しい事が沢山起きてきます。
その時々に、私たちが、相談にのったり、提案したり、チームの一員として一緒に家づくりに参加できたらと思っております。

                        有限会社 ハウジングワン
                         代表取締役
                          葉勢森 勉(自筆