積木と模型でプランを作る 現代町家は、設計が標準化され、明確な構造ルールがあります。 だから、「積み木」と「模型」で、標準化されながら、それでいて自由度・自在性の高いプランがつくれます。

◆積み木◆

積み木
ベース3種(6m、5m、4m)、平屋3種(6m、5m、4m)、高いゲヤ4種、低いゲヤ6種、デッキ5種、方流れ屋根、切妻屋根がベースの大きさに合わせてそれぞれ3種類

◆積み木による設計パターン4題◆

上の積み木を用いて、下のプラン4題を生みました。使った積み木は、ベース2種類、ゲヤ4種類。
ほかにKゲヤ(キッチンのための飛び出し浮きゲヤ)と特殊ゲヤ一つに過ぎません。
矢車型のゲヤを持つプラン
矢車型のゲヤを持つプラン 矢車型のゲヤを持つプラン 平面図
6mのベースを軸に三つのゲヤを配すると空地が生じます。空地に木と草を植えます。風通しのいい家ができます。


L字型のゲヤを持つプラン
L字型のゲヤを持つプラン L字型のゲヤを持つプラン 平面図
ベースを軸にL字型にゲヤを配すると、比較的大きな中庭が生まれます。このゲヤは、「離れ」の趣きを持ちます。


二つのベースを対置する
二つのベースを対置するプラン 二つのベースを対置するプラン 平面図
ベースを軸にL字型にゲヤを配すると、比較的大きな中庭が生まれます。このゲヤは、「離れ」の趣きを持ちます


ベースをずらして配置する
ベースをずらして配置するプラン ベースずらして配置するプラン 平面図
アトリエ・茶室など、家の中に別の機能を持てるプラン。機能が違うので、ずらします。非日常空間が生まれます。

◆模型◆

  

一般的に、建築の模型は物件ごとの一品ものですが、この模型は、スペースシャトルのように、繰り返し利用できます。耐力壁が動くように出来ていて、窓の位置やゲヤとの関係、借景(取り込める風景)や隣家との関係、ゲヤとの取り合いなどを検討します。
建築家が建てた家
 
随時見学できます。
事前に
お申込みください。
お気軽にお電話か
こちらから(メール)
お問い合わせください