現代町屋の設計

◆現代町屋設計の妙味はゲヤにあり。◆

現代町家は、ベース(母屋)とゲヤ(下屋)の組み合わせで設計します。 飛騨高山の町がいいのは、背の高い建物の前にゲヤがあるから。 ゲヤはヒューマンスケールのものです。建物の表情を和らげてくれます。現代町家のゲヤは、隠れ部屋になるような、とてもファジーなゲヤと、目的限定された機能的なゲヤの二種類があります。知恵と工夫を要する、町家設計の勘どころです

目的限定のゲヤ ファジーなゲヤ
隠れ部屋などのファジーなゲヤ            水回りなど目的限定された吊りゲヤ

◆建物の凸凹が空地を生む◆

敷地に、ベースとゲヤを配置すると凸が生じます。ベースとベースを配置してゲヤで繋ぐと、そこに凹が生じます。意識的に凸凹を生むことで、そこを寸庭、現代の「壷(つぼ)庭」にしようというのです。下図は東道路に接した、ごく一般的な敷地に6m角のベースと三つのゲヤで構成されるプランです

プラン例 お風呂横の庭は、リビングからも、たたみ部屋(地窓)からも見えます。リビングの前庭は、大きなヴォリュームを持った庭です。この庭は、道路からも見えます。チラッとこの庭を見る通行人を思わずうれしい気分にしてくれる庭です。駐車スペースにも木を植えます。車が出て行くと、そこは道に面した庭になります。

◆プランの質が変わる◆

プランで特徴的なのは、これまでの間取り方式(部屋を集めて構成する)とは異なることです。今の家は、現在家族の要望を満たす「間取り」をプランの基本にしています。しかし、生活も家族も絶えず変化します。間取り方式だと、使わなくなった部屋は物置になりかねません。 ベースのスケルトン(躯体)を丈夫なものにすると、インフィル(内部)は、その時々に合わせて自由に自在に変化させることができるようになります。

◆躯体は平角スケルトン。耐力壁は、1/3ルール◆

構造材となる隅柱は、阪神淡路大震災で問題にされた、接合部の断面欠損を避けるため、思い切って平角材(120mm×240mm)を用いることにしました。 耐力壁は、ベースの幅に対して最低1/3以上を設けるルールを守ります。この壁は、地震から家を守るための耐力壁です。開いたところに窓やゲヤを設けます

◆町屋の因子を調査発掘◆

建築家が建てた家
 
随時見学できます。
事前に
お申込みください。
お気軽にお電話か
こちらから(メール)
お問い合わせください