現代町屋って?

◆現代町屋って◆

町家というと、むかしながらの町家を思い浮かべませんか。 「現代町家」は、単に懐古主義の家を建てよう、という運動ではありません。むかしの町家に学ぶべきことを学びながら、現代の町家とは何なのかを、地域ごとに見つけ、それを活かします

◆現代町屋連盟が作ります◆

「現代町家」は、建築家の趙海光さんが考案したデザイン・設計のルールをもとに、全国の工務店が、地域固有の住文化[町家の因子]を盛り込んでつくります。

◆むかしの町屋◆

写真

むかしの町家を町家ならしめていたのは、接道性と接隣性といわれます。道に接し、隣家に接して、隙間なくびっしりと建っています。 屋根・軒・格子を連ね、それが調和を生み、独特の美しい景観をつくり出していました。しかし、現在はそれと同じようには建てられません。道路後退や隣地境界など、今の建築法規に従わなければならないからです。

◆現代町屋◆

法規によって隙間や寸地が生じてしまうのが、今の家です。この半端な空地(くうち)が、家並みを崩し、不揃いな景観を生んでいます。建物はポジ(陽)で、残された空地はネガ(陰)にされてきました。趙海光の現代町家は、このネガ部分に注目し、空地を部屋の一つに取り込む設計を考え出しました。「空地も部屋なんだよ」と趙さんはいいます。空地に木や草花を植え、そこを部屋の一部として内部化しながら、道路側にも開いて、家の前を通る人にもよき印象を与える、そんなあり方です。

◆町屋の因子を調査発掘◆

写真

工務店は、地域に残された町家因子を調査・発掘する活動を行っています。建築材料や、その土地に自生する植物も調べたりします。むかしの町家には、知恵と工夫が詰まっています。今でも通用する素敵なデザインが残されています。それを現代に蘇らせようというのです。
建築家が建てた家
 
随時見学できます。
事前に
お申込みください。
お気軽にお電話か
こちらから(メール)
お問い合わせください